代表取締役社長 山本 利治

いま、情報が無数に飛び交う中で、一人一人の情報の受け渡しが、従来にも増して重要性を高めています。 そして、いかに正しく伝えるかに加え、いかに美しくまたいかに楽しく伝えるかが大切になっています。マスコミニュケーション、システムコミュニケーションに対する、パーソナルコミュニケーションと言う視点です。私たちサンビーは、印章やスタンプ類を核にして、このパーソナルコミュニケーションをテーマに商品開発に取り組んでいます。印章は、元来、情報を転写していくと言う機能をベースにしています。

押された印刻は押した人の心の分身となって、人の意図を伝え、信を問い、格調を生んでいくのです。あくまでも一人一人が情報交差点の主人公なのです。いかに情報メディアが発達しようとも、また発達すればするほど、「人」の重要性が増してきます。だから21世紀こそ、パーソナルコミュニケーションに関するハードとソフトの開発が求められてくるでしょう。私たちはまず「なまえ」に関するあらゆる開発をめざします。

また、情報は鮮度が命になります。「日付」が不可欠の条件です。当社のクイックシリーズはこうした背景から生まれました。引続き、「日付」管理や表示に関することを開発テーマに掲げています。一方、時代は急ピッチで進展し、スピードを増しています。「能率」が大切です。スタンプ台を使わない連続捺印スタンプ・クイックシリーズはその先駆けとなるものです。さらに、人はどうしても「美しさ」を求めてやみません。「楽しさ」を求めてやみません。サンビーはこうした「ヒューマンウェア」の部分にも一層の焦点を当て、開発を続けていきたいと考えています。やっぱり、21世紀は情報の中の「人」が中心です。これからの私たちの開発にご期待ください。そしてあなたの豊かな感性で、ヒントをお寄せください。テーマをお与えください。情報をお教えください。豊かな21世紀のパーソナルコミュニケーションのために。

 

PAGE TOP